【天空の】ブラックシャドー・メダカ・プレコ抱卵&繁殖ブログ

上手に飼育すれば、抱卵~繁殖を楽しめる!稚エビ&稚魚もカワイイですョ☆

 
ようこそ☆天空のブログへ

天空

Author:天空
■ご閲覧頂きまして、誠に
ありがとうございます!
■なるべく多くの画像を紹介
させて頂こうと思います。
■オークション出品もさせて
頂いております。
・・・どうぞよろしく
・・・・お願い致します♪

ランキング参加中です☆
にほんブログ村 観賞魚ブログへ
にほんブログ村
カテゴリ
リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

稚エビの生存率に、明暗:ブラックシャドー

2012_10090004.jpg
<エアーストーンのみ時>

2012_10160001.jpg
<外部濾過&ディフィーザー追加設置>

エアーストーンのみの飼育に惹かれ・・・
(過密度を抑えれば外部濾過は不必要という判断と、
稚エビでもリラックスできるゆるやかな水流、
植物プランクトンの増殖、そんなことを考えながら試みました。)

・・・自信満々で抱卵エビ10尾ほど投入、
稚エビは孵るもその後、次々と姿を消していきました・・・
100~200尾ほどの稚エビを失ってしまったことになり、無念です・・

♀親エビの活性も落ちていたので、
水槽全体の活性に問題があると推測。
濾過の強化というよりも、ディフィーザーを利用するために
外部濾過を設置、溶存酸素量の改善です。
結果はすぐに出て、現在稚エビは成長を見せてくれています。
よく動きますし、ツマツマも確認できます。
改善前は、じっとしていることがほとんどでした。
♀親エビの活性も戻っています☆

勿論、エアーストーン飼育を否定するものではなく、
要領を得ていなかったのだと思います。
(ポンプを強くすれば、ゆるやかな水流が実現できないのでパス)
今回、水質の変化や給餌、その他の要因を考慮する必要がなく、
ただ一点、溶存酸素量が明暗を分けたと推測・・・
その効果を改めて実感できたことは、失敗の中の収穫でした。
   
Google+ ブログランキング 人気ブログランキングへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。