【天空の】ブラックシャドー・メダカ・プレコ抱卵&繁殖ブログ

上手に飼育すれば、抱卵~繁殖を楽しめる!稚エビ&稚魚もカワイイですョ☆

 
ようこそ☆天空のブログへ

天空

Author:天空
■ご閲覧頂きまして、誠に
ありがとうございます!
■なるべく多くの画像を紹介
させて頂こうと思います。
■オークション出品もさせて
頂いております。
・・・どうぞよろしく
・・・・お願い致します♪

ランキング参加中です☆
にほんブログ村 観賞魚ブログへ
にほんブログ村
カテゴリ
リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

リセット改⑤ハングリー精神:ブラックシャドー

2012_11180001.jpg

富栄養化の要因となりますが、微生物の素を入れ、
稚エビの誕生(餌)に備えます。
エビさん達のフンの影響で、うっすらと白濁が始まり、いよいよ水質悪化
(アンモニア・亜硝酸塩)に注意していかなければなりません。
硝化バクテリアの増殖が間に合うように、餌を絞っていきます。

亜硝酸塩(有毒)へ硝化するバクテリアは、
1日で1回、分裂増殖するそうです。
それに対し、硝酸塩(微小な毒)へ硝化するバクテリアは、2日に1回。
硝化サイクルが出来る初期に、有毒成分が蓄積しやすい理由がココに。
亜硝酸塩へ硝化が進んでも・・・
「亜硝酸塩→硝酸塩」という無害化がなかなか追いつかない訳です。

血眼で餌を探す様子は、まるで減量中のボクサー。
フンも細いものしか出ません。
3日に一度、投入されるクロレラに殺伐と群がります。
餌の量の認識を改めさせられます・・・日々、与え過ぎでしたね~。

お腹が空いているから、餌を探す!動く!泳ぐ!
「ハングリー精神=活性の良さ」
古典的、やる気の方程式ですね。

つづく


   
Google+ ブログランキング 人気ブログランキングへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。